「夢は何ですか?」と聞かれたときに、ちゃんと答えることができない自分がいます。

・・・いまさら夢なんてねぇ・・・

という歳と言えばそれまでなんですが


ほんとに、いいのかな?


でもね、会社だって、嫌なのに入ったわけじゃないんだよね。
一応、自分なりに、この分野の仕事だったら、やっていけるかも、と思ったから。

確かに、会社員って、組織のワンピースなんだけどね。

確かに、小さなピースだけど、親がいて、自分がいて、配偶者がいて、子供がいて・・・

小さいけど、確かなもの。

小さいけど、幸せなものは手に入ったから、

もう一度、探してみよう。夢。
本当に見たかった夢は何なのか。
もちろん、夢だけを追いかけることはもうできないけれど、
夢を抱きながら暮らすのって、幸せだと思う。
諦めじゃなくって、納得というか、許容というか、そんな感じで、
すべてを抱きしめて暮らせたらいいね。
[PR]
# by tom3.t | 2006-02-07 01:37

強いんだなー

「いじめ」 って言葉を聞くと、心の一番奥が固くなる感じが今もする。



私は正直「人付き合い」が得意なタイプではなかった。
だから、同年代の人=同級生には嫌われることが多かった。
子供心に傷ついた・・・つもりだ。
だから、私は心から彼らを締め出した。
そしてさらに、人付き合いの苦手な自分が出来上がった。

子どもの頃、私をいじめる・・というか疎んじる子は、かわいい子とかが多かった。
家も比較的裕福で、顔もかわいいのに、なんで貧乏屋のブス子を相手にするのか、
とても不思議だった。

そんな生活で、14の頃には「自殺」なんて言葉も頭をよぎったけれど、
それを実行しなかったのは、親がいたから。
少なくとも、私を信じている親がいたから。
自分は生きていていいんだと、自分がここにいることが彼らにとって大事なんだと
感じることができたから。
それは、私の幸せ。人生最大の幸せ。

私の上履きを隠したり、執拗に悪口を言い立てたりした人たち・・
「人に優しくなれない環境で育った」?
ううん、そうじゃなくて・・・優しくする方法を知らなかった、
あるいは、優しくしてほしかったのじゃないだろうか?
何かが、もしかしたら「羨ましかった」のかも
と、思ったのは、大人になってから。
自分より優れていると思える人たちが、それぞれ意外なコンプレックスを持っていることを知ってから。

そして、自分がいじめる立場に立ったことはなかったのかと、反省をする。

いろんな事情で、小学校の同級生とはコンタクトが取れなくなってしまったけれど、
もし、同窓会があったら、行ってみようかと思う。
彼らは私を覚えているだろうか?
かすかにでも覚えていてくれたら、それでいい。
忘れられていたら・・・改めて自己紹介をすればいいじゃないか。

見返さなくたっていい。
相手をへこませる必要なんてない。
自分は大丈夫だから、ちゃんと暮らしているから、安心してほしいと

そう

安心していいんだよと

伝えたい

自分も、相手にも

閉じた心を開きたい

開こうよ
[PR]
# by tom3.t | 2006-02-02 01:40

結婚も、出産も、いと楽し

「楽し」・・・「たのし」とも「らくし」とも。

高度経済成長期に子供時代を過ごし、
「売り手市場」で入社し、
「バブルの恩恵」を受けた独身時代。

一人で生きていくことに、特に不安は無かったけれど、
他人と一緒に暮らしていくことも、試してみたかった。

ダメなら、やめてもいいじゃん。

ってなノリで。

でも、やってみたら、意外に楽しかったし、楽だった。
「家事が全部こなせる人」を選んでよかったなー。

子供もね、「産んでみなけりゃわからない」って思ったから。
で、一人産んだら、意外に楽で。
会社はよくしてくれるし、夫も協力的だし。
で、二人目。
ちょっとしんどくなったけど(体力的に)、それなりに楽しい生活。

子供の視点は面白い。
子供と接すると、自分のことが見えてくる。(本当に「子は親の鏡」だ)
子供といると、優しくなれる、寛容になれる。
・・・
そりゃぁ、1年365日ずーーーっと、ということではないけれど、
世界を見る視点が変わった。

もし、世の中の、結婚・出産を躊躇している女性が、男性が、このブログを読んでくれたなら、言いたい事は一つ。

「試してみなよ。結婚も、出産も」

でね、ラッキーに暮らすには、努力も必要。
結婚や出産で辞めさせることのない会社を選び、
相手を選び(そのためには、自分も磨いておく)、
お互いに尊重しあって、暮らしていく。

それだけだけどね。大切かなって思う。
相手を大切に思えるなら、大丈夫だよ。
[PR]
# by tom3.t | 2006-01-22 01:34

「母」のお仕事

土曜日は保育園のお遊戯会だったのに、わが息子、体調不良につき欠席。
木曜日までは元気いっぱいだったのに、金曜日の昼くらいから悪化。
嘔吐および吐き気で、「今流行っているタイプの風邪」という診断だったのだけど・・・

土曜日、お遊戯会欠席が決まったら、急速に容態が改善。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレッシャーもあったのかな?

最終学年で、楽器演奏がソロだったから、親の方はものすごく期待しちゃってたんですよ。
期待しすぎだったのかな? と反省

でも、やっぱり、晴れ舞台を見たかった。

日曜日、誰の具合が悪かったのか、という風情で遊びまわっている息子を見ると余計に・・・


そんな彼、今度はソリ遊びでお泊りです。
持ち物の大半は、明日持っていかなければいけないので、今日はその確認に大わらわ。
早めに手をつけておかない、悪い癖です。

で、そんな時、あれほど準備のことを目の前で話していたのに、「どうするの?」ってスタンスのダンナに腹を立ててしまいました。
どうも、世間的には、こういうのって母の仕事なんですね?

今度は、ソロじゃないので、体調崩さなければいいのですが・・・。
[PR]
# by tom3.t | 2006-01-16 01:39

レターセット

レターセットなんて、「青春時代」に買い集めたものがまだ余ってるから、当面これを使っていこうと思っていたのに、とある俳優さんへのファンレターを書くために、この冬1セット買ってしまいました。

で、今日も文房具店(いまどき、こういう佇まいのお店は珍しいかも)のレターセット売り場に行ってみたら





でした。

梅はともかく、桜まで登場していて、すっかり春の様相。

う~ん・・・雪モチーフのこのレターセットは、今月でしばらくお休みかしらん?

切手貼って、出さなくちゃ。
[PR]
# by tom3.t | 2006-01-16 01:29